» 子宝漢方のブログ記事

20代で約20%、40歳を過ぎると10%を切るという体外受精の成功率。

うちで身体造りをされた方の成功率は、全体で50%を超えている。

理由を考えてみる。

成功率を向上させるために一番大事なことが何かといえば、『着床してはぐくみやすい子宮内膜を調えること』であると私は考えている。

ホルモン剤を使用すると、確かに内膜に厚みが出てくる。ただ、その『質』までも向上するとは限らない。不妊治療の医学書をみても、最後には『質』を向上させることがカギになると締めている。

漢方薬は、その質を向上させてくれるのだと思う。

昨年発行された日本東洋医学会の雑誌には、採卵前・採卵後から移植まで・移植後と3段階にわけて、体質に合った漢方薬を服用することで、体外受精の成功率が2割程度向上したという文献が出ていた。お医者さんも漢方薬の良さを評価して下さっていると嬉しく思ったものである。

保険診療で使える漢方薬では1.2倍。うちで使っている保険の対象とはならない漢方薬では2.5倍、一か月あたりのお薬代は3万円程度である。

体外受精は精神的にも体力的にも時間的にも負担になるもの。どなたも、できれば1回で成功させたいとお考えなはずである。

成功率を向上させるためにも、体外受精に取り組む前に、漢方薬で身体を調えられることを心からお勧めする。

~薬剤師 鳥居英勝(2001年国際認定中医師資格取得)~

子宝漢方って、どんなことをするんですか?と初めてご相談にいらした方から聞かれることがあります。

このような時に、私は「漢方薬をお飲み頂くことで、全身を調整し、弱い所を調える。」とお話しております。

少し詳しくいうと、「ご自身の体感的な調子や、舌・話し方・お顔の色など身体に現れる客観的な情報からお身体の状態を把握し、月経期・卵胞期・排卵期・黄体期・生理前という生理周期に関わることをお聞きし、基礎体温も確認した上で、お一人お一人に合ったお身体の調整方法を決めて、漢方薬をお飲み頂いて、調えていく。」ということです。

場合によっては生理周期に合わせて漢方薬を服用する周期療法ということも行います。また、高いレベルの治療を控えた方には、採卵前の時期の卵子の保健・採卵後の内膜の充実・移植後の安胎(着床した授精卵をより良くはぐくむ)対応も行います。

私どものところにご相談にいらした方では、自然に授かる方が多いのが特徴です。

子宝を考える場合、まず自然に過ごしてみる、そしてタイミング・人工授精・体外受精とステップアップするのが通常でしょう。そのどの段階においても、身体造りは大切だと私は心から思っています。

先日、日本東洋医学会の学会誌に次のような発表がありました。「採卵前、採卵後~移植まで、移植後と、段階的に決まった漢方薬を飲んで頂いたところ、飲まなかった群と比較して成功率が優位に向上した」というものです。今頃という気もしますが、私どもが取り組んでいることについての前向きなデータが取れたことは嬉しいことです。

画一的に決められた漢方薬を飲んでもらっても成功率が上がるわけですから、お一人お一人の身体に合わせた漢方薬を飲んでもらえば当然調う精度は高いわけですから、成功率はもっと高くなるでしょう。

漢方薬で身体を調えてから、人口授精や体外受精に取り組むと、成功率が高くなるのも実感しています。

~薬剤師 鳥居英勝~

ひどい生理痛は、早めに良くしておいた方が良いと思います。

漢方的に生理痛の原因を考えると、血の流れが悪い、血の量が少ない、気の巡りが悪い、気を通す力が弱い、余分な水分がたまっているなど、様々なタイプがあります。☆どのタイプに当たるかは、生理前の具合、生理痛の質、経血やおりものの状態、全身の状態などで判断することができます。

このような身体のバランスが悪い状態が続いていると、生理のときに辛いだけではなく、長い間には卵巣や子宮の機能にも問題を来しかねません。

授かりたいときに授かりやすいためにも、生理痛がひどい方はそのままにせずに、早めに対応されると良いと思います。

体質に合わせて漢方薬を服用すると、スムーズに痛みが和らぐことが多いものです。

~薬剤師 鳥居英勝~

男女問わず、広い年代の方にお読みいただくと良いなと思う本があります。

『卵子老化の真実(文春新書)』という新書本です。これは、単に卵子が老化することを解説するだけの本ではありません。

実際行われている不妊治療のエッセンスや成功率、昔の人はどうして何人も子供を産むことができたのか、初産が若いとそうでない場合に比べて老後の身体がどうなるか、精子の問題、高齢出産で起こりうるリスクなど、幅広い情報を得ることができます。

読んだ後に私は、『娘に読ませたいな~』と思いました。というのは、この本を読むことで、子供を造り、産んで、育てる『心構え』について考えるきっかけになると思えるからです。

若い方にとっては、『何歳で子供を持とうか』と考えるきっかけになるでしょうし、すでに年を重ねた方にとっては、これから子造り・妊娠・出産・子育てをする上で『覚悟』を持つのに役立つと思います。

42歳で3人目の子供を持った私にとっては、『その通りだな~』と共感できたり、勇気づけられることがいくつもありました。

子どもを欲しい方や不妊治療をお考えの方はもちろん、まだそのようなことを考えていない方まで、一度読んでおかれると良いと思います。

~薬剤師 鳥居英勝~

授乳中のママの腸内環境が良いと、子供のアレルギーが軽くなるというデータがあります。

その理由は、『腸内環境が良く腸内免疫が充実したママのおっぱいからは、TGF-βという免疫に関わるタンパク質が多く出るから』ということです。

ママが身体を調えておけば、赤ちゃんも元気に育つということでしょう。

てっとり早く、腸内環境を良くするにはどうしたら良いでしょうか?そのためには、乳酸菌・ビフィズス菌をたっぷり摂取すると良いことが知られています。

ヨーグルトや糠漬けなどの発酵食品には、乳酸菌が多く含まれています。また、乳酸菌がたっぷりのサプリメントも市販されていますので、便秘や下痢が気になる方は、内容成分を吟味して毎日続けると効果的です。徐々に腸内の善玉菌の数が増えて、便秘や下痢が整い、腸内温度も上がり、腸内免疫がアップしてくるものです。

授かるための身体造りはもちろんですが、妊娠中・出産後も身体をケアーすることが大切ですね。

~免疫は、TGF-βだけで決まるわけではないので、当然腸内環境の良し悪しだけでアレルギー体質が決まるわけではありません。ただ、先に記したことは信頼できる学会で発表されているものですので、お子様がアレルギー体質にならないための対策を考える上で、一助になると思います。~

[当店でお勧めしている乳酸菌製剤は次の通りです]

生環研のナノ型乳酸菌:人の腸由来のフェカリス菌がナノ型に微粒子化されていて、腸内免疫のスイッチであるパイエル板を効率よく刺激してくれます。

JPS製薬の証陽散:1日量2包で、約1兆個の乳酸菌を摂ることができます。これは、ヨーグルト10L分に相当します。大量の乳酸菌によって、パイエル板の免疫スイッチをONにしてくれます。

~薬剤師 鳥居英勝~

原子卵胞から健康なミトコンドリアを採取して、同じ人の未熟な成熟卵胞に移植することで、卵子の質を上げ、妊娠に成功。

これはアメリカの医療機関での実績です。卵子に手を入れることから、生まれた赤ちゃんが今後トラブルなく成長するかは不明。ということもあって、日本ではこの技術はしばらく取り入れられそうにありません。

ミトコンドリアの役割は、一言でいうとエネルギー産生。ATP回路を活性化させて代謝を上げることです。卵巣は非常に多くのエネルギーを消費する臓器であることから、代謝レベルの良し悪しは卵子の質に大きく影響すると考えられます。

卵子の老化には様々な要因が関わっていますが、その一つに、酵素減少による代謝低下が関与しているという文献があります。ミトコンドリアのことと合わせて考えると、代謝を上げることは、卵子の保健に有用であるといえるでしょう。

簡単に代謝を上げる方法として、5-アミノレブリン酸というアミノ酸を摂取すると良いことが分かっています。

このアミノ酸は、ミトコンドリアに働きかけてATP回路を活性化させることで、細胞の代謝を高めてくれます。また、すでに卵子の保健についての有用性も報告されており、国内のある医療機関では、卵子の質が悪い患者さんに5-アミノレブリン酸製剤を約3カ月間服用してもらったところ、グレードが上がったというデータが出ています。

子宝の身体造りは、全身を調整することが大切です。その中で、卵子の質も上がるものです。それを前提としてのお話ですが、個人差はあれど、年をとると卵子が老化するということは今や科学的に確認されていることです。授かりたいとお考えの方にとって5-アミノレブリン酸製剤を飲むことは、支えになると思います。

当店で採用している5-アミノレブリン酸製剤:キラリスALA 32錠4,500円+税 ☆体質に合わせた用法用量をご提案させて頂いております。

~薬剤師 鳥居英勝~

身体をしっかり整えると、自然と妊娠しやすくなるものです。ちょっと長くなりますが、赤ちゃんが欲しいのに授からなくて悩んでおられる方は、最後までお読みいただければ幸いです。

漢方薬などを用いてからだを整えることが、授かるためにいかに大切であるかを、私たちは実感しております。私どものところにご相談におこしになる方の多くは、病院に通ったけど功を奏さなかった方々です。そして全体の約7割の方が、しっかりと身体を造った後に授かっていらっしゃいます。

身体をしっかり整えると、生理痛が軽くなるなど月経の状態が改善したり、基礎体温が整ってくるといった変化があらわれます。また、冷えが和らぐ、疲れにくくなる、イライラが軽くなるなどの、全身症状の改善がみられるようになります。これらはとても大事なことです。というのは、月経や全身症状が良くなっているということは、必ず生殖器系も充実しているといえるからです。ホルモンバランスは整い、卵子の質は向上し、排卵はスムーズになり、子宮内の環境が良くなって着床しやすくなってきます。

実際に、私どものところにご相談におこしになった方ですと、しっかり身体を造られた後にはタイミングを取るだけで自然妊娠する方が多くいらっしゃいます。それで上手くいかなかったときには、西洋医学的な治療を合わせて功を奏しておられる。しっかり身体を造ってから行うと、成功率がアップするようです。

東洋医学的な身体造りと西洋医学的な治療は、相乗効果が得られることは明らかです。また、ホルモン剤による卵巣の疲弊など、攻めの治療による副作用的な症状の軽減にも役立つと考えられています。それぞれの長を助け短を補うといったところでしょう。

さて、子供が欲しい時に、みなさんはどうされるでしょうか?食事に気を付けたり、運動したり、冷えや疲れに注意したりと、色々努力されると思います。これらは、妊娠しやすい身体を造る上で、とても大切なことです。そして、タイミングをはかってしばらく様子をみる。それで授からなかった場合に、お医者さんにかかるでしょう。

長く子宝漢方相談をおこなっていて、心から思うことがあります。それは、『お医者さんにかかって器質的な問題の有無を確認したら、早い時点で漢方薬などで身体をしっかりと造っていただきたい』ということです。検査の結果特にトラブルがなかった場合には、まずしっかりと身体を造る。その上で必要に応じて西洋医学的な治療を合わせる。場合によっては同時進行してもよいでしょう。そうすることで、必ず授かりやすくなります。もしも検査で何か問題が見つかった場合も同様です。それを踏まえて身体造りを行うと、子宝だけでなく、問題の改善にも役立つものです。

自分の身体のバランスがどうなっているかは、ご自身ではわかりにくいものです。当薬局では、体調やこれまでの経過などを良くお聞きした上で、『お一人お一人に合わせた、授かりやすい身体造りの方法』をご提案させて頂いております。

赤ちゃんが欲しいけどなかなかできないとお悩みの方は、お気軽にご相談ください。お力になれれば、こんな嬉しいことはありません。

☆ご相談は、随時お受けしております。スムーズにじっくりとご相談させて頂くために、初めておこしになる際は、お電話でご予約下さいますようお願いします☆

~薬剤師 鳥居英勝~

今日は小1の息子の運動会。6時半からの場所取り、8時からの車の誘導、ちょっと遅刻してお店に戻ってきました。お天気は見事な快晴、楽しい運動会になりそうです。

息子で3代にわたって世話になっているこの小学校は、二階建て×2棟が連なった見事な木造校舎が自慢。これまでに何度もCMや映画の撮影に使われています。

校門前で車を誘導しながら、子供たち全員でのラジオ体操のところまで見ることができたんですが、自分の頃とは様子が違います。一目瞭然、子供の数が少ない。日本の人口が減ってるんだな~と実感しました。

ここからは子宝のお話です。卵子は老化し、不妊につながることが知られています。それには様々な要因が絡んでいますが、私は『活性酸素が卵子の老化のカギを握る』という論文に注目しています。

老化した卵子は、SODという活性酸素除去酵素の作用が弱く、活性酸素が過剰になる。⇒そうなると卵子内に大量に存在するミトコンドリアの働きが鈍ってしまい、十分なエネルギーが産生できなくなる。⇒その結果、卵子の成熟や受精などに障害が出る。・・・これが、卵子が老化した場合の不妊のメカニズムとのこと。

活性酸素を除去するには、生野菜や果物などをたくさん食べて、ビタミンCやE・フラボノイドなどの抗酸化物を摂ると良いことが知られています。ただ、健康維持にはそれで十分でしょうが、目的が老化した卵胞のケアーとなるとちょっと心細いように思います。

ではどのようなものが良いかですが、抗酸化力のレベルと安全性でみた場合、私はGBE24というイチョウ葉エキスが最高であると考えています。GBE24は強力な抗酸化作用を有しており、細胞レベルでの抗酸化作用に関するEBMがしっかりとれた製剤です。理論的に、卵胞のケアーと子宝に役立つといえると思います。

~薬剤師 鳥居英勝~

光線療法、正確には『可視総合光線療法』という療法があります。太陽光と同種の可視総合光線(フルスペクトル光線)を照射して、自然治癒力を活性化させるというものです。80年の歴史がある治療法です。

私もこどもの頃は、ちょっと体調を崩すとあててもらって養生して育ちました。光線をあてるととにかくからだが温まって楽になり、風邪なんかも早く治ったのを覚えています。

作用の大まかなメカニズムは、通電したカーボンが発する紫外線・可視線・赤外線が次のように作用することによるようです。

紫外線:殺菌、免疫賦活、ビタミンD産生⇒術後の感染症予防

可視線:線維芽細胞(肉芽)の分化(増殖)、免疫賦活、組織内呼吸の活性化⇒術後の創傷部の血行改善とともに、創傷部の治癒過程をすみやかに進める

赤外線(主に近赤外線):血液・リンパ系の循環改善、熱ショックタンパクの産生、抗毒素作用(解毒)⇒全身・患部の血行改善、酸素・栄養の十分な補給、鎮痛・神経機能改善

治療目的に合わせて、ちょうどいい波長の光が出るようにカーボンを選択し、照射する部位と時間を決めて光を当てるのがポイントです。

さて、この光線療法は、『不妊症』の治療でも大きな力を発揮します。あっためる(温養)・血行を良くする(活血)作用があるわけですから、卵胞の形成・排卵・子宮内膜の環境を良くすることは容易に想像がつきます。

とりい鍼灸院でも光線治療器を使用し、患者様にお喜びいただいております。

~薬剤師 鳥居英勝~

高齢女性に不妊や流産が増加する原因の一つに、コヒーシンというたんぱく質の減少が関係している可能性が高いという論文が発表されています。要旨は次の通りです。『コヒーシンは、細胞の染色体同士をつなぎ留め、細胞分裂の過程で染色体を正しく分配する役割を持つたんぱく質であるが、19~49歳の女性8人の卵細胞を調べたところ、20代に比べ40代でコヒーシンの量が半減していることが分かった。年齢が上がるとともにコヒーシンが減少し、その結果染色体の分配が正常に行われなくなり、ダウン症や流産の可能性が高くなるとみられる。』(藤田保健衛生大の研究)

卵子が老化することは今や広く知られていますが、コヒーシンの減少要因はその老化の複雑なメカニズムの中の一つなんだろうと思います。

私どもの子宝相談には、お医者さんで不妊治療に取り組まれている方も多くいらっしゃいます。気になるのは『器質的な問題がなく、卵胞も大きく育っていて、子宮内膜も厚いんだけどうまくいかない』方が多いこと。そこには、検査の数値では表せない充実不足が理由にあるように思えてなりません。

鹿沼は今、丁度田植えの時期です。春を前にして農家の方は土壌づくりに力を入れられたことと思います。良い土とやせた土、素人目には同じように見えますが、適切に休ませて、肥しを入れて耕すなど、手をかけた土で作ったお米はいうまでもなく美味しくなるでしょう。

東洋医学には、整体観念といって『人間も自然界の一部である』という考え方があります。やせた土からは良い米が採れないのと同じように、満たされていない身体からは良い卵子ができないことは自然なことかもしれません。

しっかり身体を造って、元気な卵子を生み出し、着床しやすい子宮内環境を整えることができれば、自然と妊娠力は高くなりますし、人工授精など西洋医学的な治療の成功率も高くなります。妊娠しやすい身体造りの基本は、今身体のバランスがどうなっているかを見極め、足りないものを補い、余分なものを排すことです。

身体造りには、食事・運動・生活習慣など色々な取り組みが大切ですが、中でも漢方薬が大きな力を発揮します。私どもは子宝相談において、お身体の状態をじっくりと確認し、お一人おひとりに合わせた漢方薬と養生法をご提案させていただいております。身体造りに一生懸命取り組まれた方が、元気に生まれた赤ちゃんを幸せそうに抱いてお越しになったときには、本当にうれしいものです。

☆☆☆卵子に限らず、老化は止めることはできません。ただ、東洋医学的に『老化=腎の虚衰』ととらえれば、腎を補うことでケアーすることは可能であると考えられます。補腎は子宝漢方でも大切な要素です。充実した卵胞、ふかふかの子宮内膜を整えることにも役立つと考えられます。☆☆☆

~薬剤師 鳥居英勝~